2009年08月15日

2010年2月 イスラエル聖地旅行企画中です

ただいま、2010年2月のイスラエル聖地旅行を企画中です。

今回は、聖書関連の遺跡、教会ばかりではなく、
気候、自然、文化を、なるべく味わってもらおうと、
イスラエルのみに絞って12日間。
予算的には、35万円前後を目標としています。

モーセやダビデが歩いた荒野、
negev_12611.jpg

主イエスが育ち、弟子たちと歩いたガリラヤ地方、
ガリラヤ湖の夜明け

そして聖なる都エルサレムをメインに、
jerusalem011.jpg

案を練っています。

普段、各教会でメッセージ(いきなりですが、伝道師もやっています。。。)
をしていて感じるですが、
聖書の知識や文字に偏りすぎてしまうこともあるのかな。。。と。
その瞬間、聖書の世界が宗教くさくも感じてきます。

ですが、イスラエルという地で、
実際に、人々が生活していく中で、
様々な困難や悩み、問題にもぶつかり、生きてきたのです。

そこに差し伸べられた神の御手、神の言葉…これが聖書なのです。

空の鳥を見よ、野の花を見なさい…と聖書には出てきますが、
どれだけ見ているでしょうか。

聖書の文字は見ていても、鳥や、草花を見ていないなんてこともありそうです。

パウロは、「神の永遠の神性は、すべての被造物によって知ることができる」
といっています。

水のない荒野での生活とは、一体どんなものか…、
ガリラヤ地方に飛び降りる渡り鳥の大群や、草花…、
主イエスは、どんな所を通って、十字架を背負ったのか…

実際に、行って、見て、触れてみる…
その一つ一つに意味があります。

はじめに、ことばがあった…。
すべてものは、この方によって創られた…。
この方には、いのちがあった…。

ことばは、人となり、私たちの間に住まわれた…。

単なる知識のためではなく、
イスラエルという地に、リアルに住み、生活された
まさしく「いのちのことば」を捜し求めに行く旅です。

興味のある方は、ぜひぜひ、お問い合わせください。
詳細決まり次第、ご連絡します。

にこまるツアー 担当: 竹下
TEL. 03-5812-7080 tour@nikomaru.jp

今回は、私が団長兼添乗としてご案内します。

ちなみに、私の伝道者としてのホームページは、
 http://www.holyhope.net/ です。
あまり、更新されていませんが。。。^_^;

クリスチャン、ノンクリスチャン問わず、
かしこまらず、自然体で、楽しくいきたいと思います。

現地ガイドもクリスチャン専門、イスラエル在住15年、
聖書考古学に強い、柿内ルツ師です。

さあ、みなさん、一緒にイスラエルに行きましょう!

アクツ企画 (クリスチャン向けイスラエル聖地旅行)
http://www.nikomaru.jp/acts/

posted by acts at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ツアーご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。