2009年09月26日

伝説のJAZZバンド「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド」


※メンバーが新型インフルエンザを懸念したようで、今回の公演はキャンセルが発表されました。

 チケット購入済みの方には、払い戻しが始まっているようです。
 www.gospelnow.org

 残念ですが、またの機会が、あることを期待しつつ。。。
 
----

JAZZコンサートのご紹介です。

平均年齢約80歳、今活躍のするジャズグループでは最高齢で、グループ存続最長をも誇るオーケストラ。
ハーレム・ブルース・ジャズ・バンド「アメリカの国宝級」の伝説バンド「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド(HBJB)」が来日、11/7(土)にコンサートが行われます。

会場は、NYトリニティー教会で行われた演奏を再現しようと、新宿区大久保駅に隣接する日本最大級のプロテスタント教会「淀橋教会」にて、1920〜30年代の「古きよき時代のハーレム・サウンド」を、HBJBの年齢を感じさせない素晴らしい演奏をご堪能いただけると思います。


バンドは‘20、’30年の世界恐慌時代に活力を世に与え続けた、
デュークエリントン、ルイアームストロング、キャブキャロウェイ、カウント ベーシーなど
ジャズマスターのもとで演奏したオリジナルメンバーばかり。
広い年齢層のファンから格段の敬意を払われています。


音楽を愛する若者との交流を楽しみに湧き出るエネルギーの不思議をスイングジャズに秘めて世界をくまなく周り続けています。
彼らの素晴らしい演奏は、全く年齢を感じさせず、多くの日本人に感動と勇気を与える事ができると信じています。


このバンドは、歴史が長いに関わらず、一度も日本へ来る機会がありませんでした。
メンバーの最高齢者は94歳、メンバーの内2名は既に癌を告知されており、これが最初で最後の日本公演になってしまうのかもしれません。

今回のもう一つの見どころ(聴きどころ?)は、シニア・バンドのHBJBと日本の若いアーティスト「木下航志」さんと、「洞至」さんとのコラボレーションです。


また、児童虐待防止の「オレンジリボン運動」を支援する公演でもあります。何とか満席にし、チャリティーとしても成功させたいという主催者側からの要請を受けています。


詳細は、ゴスペル ウェブ マガジン「今月のお薦め」ページでどうぞ。
www.gospelnow.org


---
※公演キャンセルが発表されました
公演名:子ども虐待防止オレンジリボン運動支援公演「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド」

出演:ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド
特別ゲスト:木下航志、洞至


会場:淀橋教会

 
posted by acts at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。