2009年10月31日

聖書を旅する〜ナザレから何の良いものが出るだろう…


ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」

ピリポは言った。「来て、そして、見なさい。」
ヨハネ  1:46

ナザレの街並み

「ナザレの街並み」
photo:(C) Chikara Takeshita 


 イエスと出会ったピリポが、ナタナエルに声をかけた時、ナタナエルは、こう答えます。

 「ナザレから何の良いものが出るだろう…」

 ある意味、正解なのです。

ナザレといえば、ガリラヤ地方にある小さな街です。
当時は、本当に小さな田舎の村といった方が適切かもしれません。
今でこそ、世界中のクリスチャンの間では、イエスが育ち、公生涯が始まるまで生活していた街として
有名かもしれませんが、このこと以外には、聖書はもちろん、歴史の表舞台に出てくることはありません。
もし、この事実がなかったら、「ナザレ」という名前が知れ渡ることもなかったことでしょう。

時折、イエスは、「ガリラヤのナザレのイエス」とか「ナザレの大工イエス」とも呼ばれていますが、
いうなれば「静岡の下川原の太郎さん」という感じなのです。

 「下川原」って、どこ?

 …と思われると思いますが、私の生まれ育った所なのでして、まさにそういった感じでしょう。

 そのナザレに行くと、ステンドグラスが美しく、各国の民族の姿で描かれた聖母子のモザイク画も飾られて、立派な「マリアの受胎告知教会」があります。

  
 IMG_1589.jpgIMG_1594.jpg 

…が、今日は、そのとなりにある地味目な「大工ヨセフの教会」に注目します。

地下にいくと、イエスの時代に、大工の作業痕跡がある洞窟があります。

すなわち、この洞窟が大工であった父ヨセフの家と推測され、
ここで母マリアとともに、イエスも生活していたことになります。

大工なのに、自分の家がないということが不思議に感じるかもしれませんが、
当時の大工とは、こういった洞窟に扉や、家具類を作る職人か、
さもなくば、出稼ぎで裕福な家のレンガ造りの家を立てる日雇い大工でしかありません。
 IMG_1613.jpg
大工ヨセフの教会 大工の痕跡が残る洞窟


今にしてみれば、とても貧しい生活です。
ですが、これがナザレの一般的な住まいなのです。

…ことばは、人となり、私たちの間に住まわれた。

しかし、本当に、そういう名もない小さな村で、
しかも、何の肩書きも身分なく、
大工という貧しい生活をしていた、
この「ナザレのイエス」のもとに、
多くの人々は集まり、多くの感動を受け、
ユダヤを揺り動かし、さらには世界に渡って、
その名を響かせていくことになるのです。

「ナザレから何の良いものが出るだろう…」

「ナザレ」に何の意味があるのか…。

実は、ここに聖地旅行の意義もあるように思います。
何のために、イスラエルにまで行ってみる必要があるのか…。

ナタナエルは、ある程度、聖書にも精通していたかもしれません。
確かに、「ナザレ」には、何の預言も、意味も、事件も、ありませんでした。

でも、行って、見なければ、本当のところはわかりません。


 …ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」

   ピリポは言った。「来て、そして、見なさい…!!」


そして、ナタナエルは、この「ナザレ」のイエスと、人生最大の出会いを果たすことになるのです。


イスラエル聖地旅行
ことばは人となり、私たちの間に住まわれた…
「聖書の世界をライブする!」 神と人が共に生きた現場へ
2010 年2 月2 日(火)〜2 月12 日(金) イスラエル11 日間


 
 旅行代金 成田発着 358,000 円  (空港諸税別)
 案内役 竹下 力 (Holy Hope Project 伝道者)
 現地ガイド 柿内ルツ師 (政府公認ガイド・東京聖書学院卒)
 http://www.nikomaru.jp/acts/tour2010.shtml


posted by acts at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖地旅行コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。